自作ラーメン 第五節 豚骨臭を消せ!とんこつラーメン(豚、鶏、魚介) そして彼がやって来た、、、

こんにちは、こうじです。
ここサムイ島はやっと天気が回復し、連日快晴です。
南国らしくなってきました。
毎日いい汗をかくと、味の濃いラーメンが食べたくなりますよね?
私は食べたくなります。そして自作して食べます。
もちろん。

という訳で第5節です。
先日社長のご友人たちが日本とバンコクから来られ、前回作ったとんこつラーメン(冷凍しておきました)を食べて頂いたら、、、
「豚臭い! ちょっとエグイ匂いだね!!」、、、
「ええ~!!マジですか!?」 それはびっくりでした。ショックを受けました。
あの獣臭さがいいと思っていたのに、、、と。
やはり、本物のラーメンを食べている人たちは違いますね。
という事で、急遽ですが豚臭くない豚骨ラーメンを自作するという話の下りでした。

豚臭くない、、、う~ん、、、と思いつつまずは臭くないラーメンを目標にです。今回は豚頭を入れず、豚げんこつ3kg、背ガラ1kg、鶏ガラ4kg、という50-50の量でガンガン白濁させておきながら、臭さを抑える方法で行きます。

炊き込むスープ

ガンガン炊き込みます。下茹でをしっかりし、肉をそぎ落とし、匂いと色を求めます。今回はガラの量が多く、下準備に時間がかかり、ガラの写真を撮るのを忘れてしまいました。

炊き込みスープ 2

香味野菜を多めにガンガン炊き込みます。にんにく100g、しょうが77g、玉ねぎ460g、赤玉ねぎ50g、ネギ360g、じゃがいも320g、です。

魚介だし

とうとう彼らの出番です。煮干し君たちです。今回は彼らの協力を得ました。彼らをとんこつスープにぶち込みました。なかなかいい香り出してました。感慨深しです。手塩にかけて育てた煮干したちからの出汁は。味はそんなにパンチ力が無い感じでしたが、、、

第五節 とんこつスープ

3度の濾す作業を行い、完成したスープです。いい感じに白濁し、豚臭さも随分抑えました。

小野式1号

そして、、、今回の目玉の彼です。日本からはるばるやってきました。最後の仕事をするために、、、彼の名前は小野君、小野式製麺機1号と言います。またまたサプライズな社長の手はずです!買っちゃいました!わざわざ日本からです。見てください、このルックス!色がいい、、、そしてパワーを感じます。やってくれそうです。そして小野君とはいい友達になれそうです。歳も同じころでしょうし。

小野君、初陣

小野君との初タッグ!

見よ!この麺帯を!

一同驚愕のこの出来栄え!見よ!この滑らかな麺帯を!!すばらしいの一言です!今回のトッピングはシンプルに、ねぎ、煮込みチャーシュー、味玉です。煮込みチャーシューは初試みでしたが、なかなかのいい出来です。

とんこつラーメン(豚、鶏、魚介)

そして完成です。シンプルでありながら、贅沢なトッピング盛り合わせです。味の方は、、、「臭いもなくていいんじゃないの?全然いいよ。」とのお言葉です。今回の麺は日本からの市販麺との勝負でしたが、もちろん市販麺には勝てませんでしたが、麺の出来栄えと味は数段レベルUPです!小野君すごい!

夜会後のみなさん

日本からの市販麺や自作麺でかなりのラーメンを食べました。今回の夜会は随分荒れました、、、

と言うわけで夜会が終わりました。今回はいろんな試みや麺の食べ比べ、そして、小野君の初陣も重なり慌しい夜会でした。
しかしながら!やはり小野製麺機の力は偉大ですね。一気にレベルUPです。
麺の評価 ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆
こうじ評価 ★★★☆☆ です!
今回から採点を厳しく行こうと思います。本物のラーメンを食べている舌の肥えた人たちは違う!もちろん人の好みもありますが。毎回いい勉強です。
スープや麺も良くなってきています。トッピングも回数を重ねるごとです。
今後はタレの勉強をし、飛躍します!
こうじの挑戦はまだまだ!

自作ラーメン 第五節 豚骨臭を消せ!とんこつラーメン(豚、鶏、魚介) そして彼がやって来た、、、」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自作ラーメン作品紹介 | サムイ島で自作ラーメン The Ramen Chef in Koh Samui

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です