番外編 寿司を握る

おはようございます。
こうじです。

今回の番外編は、同じ職場に勤めるMさんの誕生日という事もあり、たまには寿司も食いたいとのリクエストに応えるです。
元々魚を切る、寿司を握るという行為から、全ての自作魂が現れたと言っても過言では無い私です。
以外に多機能とは思いません?こうじが。
本業はぱっとしないんですけどね、、、

という訳で、寿司ネタを求め昼過ぎから市場へ買出しです。

昼過ぎの市場
昼過ぎの市場です。今日はまだ魚が水揚げされておらず、また夕方に来る事に。
魚君たち
夕方、社長が買い出して来た魚君たちです。何やら怪しい貝もあります、、、
カレイ5枚下ろし
小さいカレイだったので5枚に下ろすのが大変でしたが、身はプリプリです。タイで取れた天然塩を振りかけて、少し寝かします。
バナナの葉に乗せた寿司酢
もちろん寿司酢も自作です。自作マニアですから。それにして相当な砂糖量です。分量は、砂糖150g、塩50g、酢220ml、という内容です。一度に大量に作ってしまえば、冷蔵庫で保存できます。
握り寿司
バナナの葉に乗せた握り寿司。ネタはノルウェー産のサーモン以外は全てサムイ島近海産です。全て新鮮です。イカ、怪しい貝、オオクチイケカツオ、カレイ、エビ、ハタ、キス、イサキ、などなどです。

 南国の魚は油が乗っていませんが、淡白で美味しいです。
握る前に塩を振り、余分な水分を飛ばすと余計に美味です。
これだけ握りましたが、みんなで食べて完食です。
完食して頂くと嬉しいですね。
という訳で番外編でした。無いなら全て自作してしまえ!は何にでも共通するものですね。改めて、ラーメン自作魂に炎が付きました。
次のラーメン自作は何に挑もうか!

Mさん、お誕生日おめでとうございました。